いちじくの正しい食べ方|おすすめのレシピはコレ!

MENU

生のいちじくは、どんな食べ方をすればいい?

いちじくを生でおいしく食べるにはどんな食べ方があるのでしょうか?
生のいちじくを食べたことがない、という人もいるかもしれませんが、生のいちじくは、とてもみずみずしくて、甘くとても美味しいフルーツです。
まず、最初に知っておいてほしいのは、いちじくは他の果物にくらべて日持ちがあまりしないデリケートな果物なので、なるべく早く食べたほうがいいということです。
そのため、余ってしまったら、ドライフルーツやジャムなどにするといいでしょう。
生いちじくは、基本的に皮はむいて食べます。
はじめに、いちじくを両手で二つにぱっくり割ってから皮をむくようにすると綺麗に皮が剥がれます。
はがす方向は、軸の付け根側から下の方向に向かって剥がすと良いでしょう。
この方法は、あまり手を汚さず、簡単に皮をむくことができます。

 

また、種類によっては皮が厚かったり薄かったりします。
薄い種類のものは、ゆっくりと剥がすと、スムーズにむくことができます。
また、種はそのまま食べても大丈夫です。
この種には女性ホルモンを助ける植物エストロゲンという成分が入っているので、女性には特におすすめです。
生のいちじくは、ナイフもいらず、手軽に食べられる果物なので、適切なタイミングで美味しくいただきましょう。

 

 

いちじくの皮を剥く食べ方は?

いちじくの食べ方や皮の剥き方が分からないとい人は案外多いようです。
りんごやオレンジ、バナナなどのフルーツのように日常的に見かけることも多くないため、自分で購入して食べることがないという人もいるかもしれません。
いちじくには、ペクチンが豊富に含まれ、便秘の予防に高い効果が期待出来ます。
そのため、便秘がちな人には最もおすすめなフルーツです。
いちじくは独特の形状をしているので、確かにどこから皮を剥けば良いのか判りづらいようです。
実の膨らんで少し裂けているところから、放射状にバナナの皮と同じように剥きましょう。

 

日本のいちじくは皮が厚く、剥きやすいため、ナイフや包丁を使わなくても、するすると剥くことが出来ます。
実も大変柔らかく、とてもジューシーです。
また、無農薬のいちじくであれば、皮ごと食べても美味しく食べれます。
くどさのない、控えめな甘さが心地よい食べ応えは、まだ知らない味わいかもしれません。
あまり手にする機会が少ないいちじくですが、一度手に取ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

美味しいレシピは?

いちじく農家直伝の正しい食べ方とオススメレシピを紹介します。
まずバナナのように一番上のへたを持って、下に引っ張ると4回ほどで綺麗に剥けます。
ナイフで剥く場合は、皮付きのまま縦に4等分にカットし、皮を剥きます。
ジャムやお菓子などに使用する際は、熱湯に20秒ほど浸けてから氷水に取ると、ツルッと皮が剥けます。
いちじくは、生でサラダとして食べたり、ジャムやケーキにするのは方法もありますが、いちじくの素材をそのまま活かした調理もおすすめです。
まずはいちじくのワイン煮です。
へたを取っいちじくを6〜8個用意し、赤か白ワインいずれか100ccとグラニュー糖45g、レモン汁少々を火にかけます。
沸騰後投入し、落とし蓋をして弱火で15分ほど煮ます。
時々鍋を振りひっくり返しながら、残り2分でシナモンを加え混ざったところで完了です。

 

そのままあら熱を取り、冷めたら冷蔵庫で冷やします。
次はいちじくの天ぷらです。
皮を剥き、半分にカットし、間にお好みのチーズを挟みます。
あとは普通に天ぷらを揚げる要領で、心持ち短めに揚げるのがポイントです。
これに、カレー塩や抹茶塩をかけるのもおすすめです。

 

 

参考サイトについて

いちじくの食べ方を解説しましたが、いかがでしたか?
いちじくについては、イボで悩んでいるときに実はよく出てくるものだったりします。
イボに関してはこちらのサイトが参考になりますので、興味があれば見てみてください。

 

いちじくがイボに効果があるのは広く言われていますが、まずは、
イボやほくろなどの発生原因や違いの見分け方についても知識を身に付ける必要があります。

 

イボやほくろの発生原因|違いと見分け方はコレ!
のサイトでは、発生原因や、違いや見分け方についての情報が満載です。

 

きっと、あなたのお役にたてると思います。